陶芸用品、陶芸窯(陶芸機器)、陶芸材料の品揃えでは日本随一の彩里陶材が運営する陶芸通販サイトです。品質の高い陶芸商品を日本全国にお届けします。

陶芸百貨店 by 彩里陶材

048-722-2390

営業時間

9:00~18:00(火定休)

陶芸用粘土

陶芸用粘土一覧ページ

益子、信楽、美濃、京都、瀬戸、万古/伊賀、備前、萩、唐津、有田といった日本全国の産地から取り寄せた陶芸用粘土を100種類以上を扱っています。

各項目の青い部分(確認する)をクリックして、ご確認ください。

益子

益子水簸土、益子皿土、益子締土、益子赤土

信楽①(白系)

並漉、特漉、新特漉、古陶、古信楽(細、荒)、白信楽、上信楽、特上信楽、耐急熱耐急冷性粘土、荒目5号、ロット土、陶板土、楽白

信楽②(赤系)

並赤土、赤土2号、赤土、荒目赤土、特赤土、荒目特赤土、楽赤、赤1号、赤3号、赤5号、赤7号、赤9号、テラコッタ

信楽③(黒系、みかげ系)

黒泥、黒みかげ(細、荒)、白みかげ(細、荒)、グレーみかげ、黄みかげ、赤みかげ、ピンクみかげ、新近江土(赤、黄、グレー)

信楽④(耐熱なべ土)

耐熱なべ土(白、赤)

信楽⑤(黄の瀬土)

黄の瀬土(白、赤)

京都

白土、白荒土、半磁器土、仁清土、彫塑土、赤土、赤荒土(5割)、南蛮土、淡赤土、黄土、荒目土、唐土、朝鮮土、もぐさ土、本もぐさ土

美濃

志野土(細)、赤志野(細)、白志野(細)、特白もぐさ土(荒)、 もぐさ志野土、特白もぐさ原土、大物土(白、赤)、五斗蒔(白)

瀬戸

瀬戸半磁器(特)、貫入土、瀬戸赤土、磁土(並)、赤津粘土(白)

万古/伊賀

万古赤土、古万古(白)・(赤)、伊賀土1号(細)、伊賀土2号(荒)、伊賀赤土

備前

備前1号、備前2号、備前H号

萩大道土(細)(荒)、金峯土(粉)、萩原土

有田

有田磁器土、有田特級磁器土

道具土

道具土、瀬戸より土

鋳込土

磁器泥、白土泥、赤土泥

陶芸用粘土リスト

陶芸用粘土の一覧リスト

益子焼について

栃木県の益子町とその周辺が産地。江戸時代末期からスタートし、20世紀に濱田庄司によって花器や茶器などの作陶が盛んになりました。イギリス等海外でも評価の高い産地です。

信楽焼について

滋賀県の甲賀市信楽町とその周辺が産地。狸の置物でも有名な中世から続く伝統ある産地です。信楽産の粘土は、粘りとコシがあり造形しやすいのが特徴です。

京焼・清水焼について

16世紀頃から焼き物の生産が開始された歴史ある産地です。江戸時代には、野村仁清、尾形乾山といった名工達によって数々の美しい色絵陶器が制作されました。現在、清水焼だけが残っており、京焼と言えば、ほぼ清水焼のことを指します。

美濃焼について

岐阜県の土岐市を中心に多治見市、瑞浪市、可児市の一帯が産地。歴史が古く、志野焼、織部焼など、味わい深い茶器の生産でも有名な日本を代表する大規模な窯業地です。

瀬戸焼について

愛知県の瀬戸市及びその周辺が産地。歴史が古く、「瀬戸物」は陶磁器一般を指す名詞になっています。室町末期までの古瀬戸は、特に珍重されています。

万古の粘土について

三重県四日市市が産地。

備前焼について

岡山県の備前市及びその周辺が産地。歴史がふるく、鎌倉時代には現在も親しまれている茶褐色の陶器が焼かれていました。茶器、酒器、皿等、実用的で釉薬を使用しないことによる独特の風味が人気の焼物です。

萩焼について

山口県萩市一帯が産地。古くから茶人好みの器を焼いてきたことで知られています。粘土と釉薬の調合から生じた貫入と、使い込んで生じる七化けが萩焼の特徴です。

有田焼(伊万里焼)について

佐賀県有田町一帯が産地。17世紀前半からの日本を代表する磁器の産地です。積出港の名称から、伊万里焼とも呼ばれています。有田の美しい磁器は、江戸時代から欧州にも輸出され、大好評を博しています。

道具土について

本焼きしても焼き締りしない土です。焼成の際、炉内でクッション材として使用します。

鋳込土について

鋳込用調整泥とも呼ばれる、鋳込み用の泥です。

営業時間

営業日&営業時間
 

9:00

18:00

休業日

火曜日

連絡先

048-722-2390

048-722-2398

アクセス

048-722-2390

住所

〒362-0026
埼玉県上尾市原市北1-9-14

埼玉新都市交通ニューシャトル 
沼南駅 徒歩3分【駐車場3台分あり】

当サイトの買い物カゴは、安心のSSL対応です。